COLUMN

ブランド名、そしてブランドコンセプトについて

NICOブランドロゴ

 

コラム3回目はNICO, nicholson & nicholson(ニコルソンアンドニコルソン)のブランド名の由来や、ブランドコンセプトについてお話をさせていただきます。



NICO, nicholson & nicholsonは先日のコラムでも触れさせていただきましたが、老舗セレクトショップ「NAKAGAWA1948」の創業者を祖父に持ち、幼いころから洋服に囲まれて育った中川雄介と、大手アパレルメーカーでの経験を経た中村友香の夫婦によるブランドです。メンズの服作りをレディースに活かし、2007年にスタートしました。現在はフランス・パリ(SURMODE)、アメリカ・ニューヨーク(D&A)の展示会にも参加し、アメリカ、ヨーロッパをはじめ、世界へと展開しています。

 

ブランド名、”NICO, nicholson & nicholson”は架空のファミリーネーム、”nicholson”を持ったふたり(中川・中村、二人のファミリーネームの頭文字もN)が「ニコニコ」と笑いながら、着る人にも「ニコニコ」としたSmileを与えられるような、「シンプルだけど普通じゃない」、「品があるのに程よい抜け感がある」、そんな対極の、「2個」の特徴を兼ね備えた洋服を作っていきたいという思いから名づけられました。

 

NICO, nicholson & nicholsonのブランドコンセプトは・・・・

 

 

 

“シンプルに自分らしく生きる女性へ。

 

着る人の日常を輝かせる、


色褪せないモノつくりをテーマに

 

商品ひとつひとつに想いを込めて届けます。

 

made in Japan を世界へ”

 

 

 

というもの。

 

 

着る人の日常、ライフスタイルそのものを輝かせる服、そんなアイテムをNICO, nicholson & nicholsonはこれからもブランドコンセプトやブランド名の由来に込めた思いをもってお届けしたいと考えています。そして、洋服には着る人に前向きな気持ちや特別な思いを与える力があるのではないかとも考えています。お気に入りの洋服に袖を通しただけでうきうきした気分になった経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。着る人にとって、NICO, nicholson & nicholsonのアイテムがそんな存在となってほしいと、心から願っています!

 

次回のコラムではNICO, nicholson & nicholsonのブランドアイデンティティについてご紹介させていただきます。

LIFESTYLE MADE IN JAPAN MEN