vol.1

ごきげんな彼女、朝の習慣

ニコルソン&ニコルソンを愛してやまない1人の女性がいる。いつもごきげんなことで知られる彼女、その秘訣はていねい、ときどき、ずぼらな暮らしにあった。ありふれているけれど、どこかが違う、そんながんばりすぎない朝の習慣を少しだけのぞいてみよう。

朝食はたっぷり、
美味しくいただきます。

目が覚めてから1時間以内に、朝食をたっぷりとる(昼食もしっかりいただくけれど……)。これから始まる長い1日、何があっても余裕のあるやさしい気持ちで、へこたれずに過ごせるかどうかは、この栄養にかかっているのだ。

日焼けは
気にしすぎません。

AM9時までに朝陽をめいっぱい浴びる。そうすると体内時計が正しいリズムを刻み出すのだそう。美肌よりも大切なことだ。朝からウォーキングをするようなアクティブさは持ち合わせていないので、サッとカーテンを全開にするだけ。

てきとう体操で
体が目覚めます。

マニュアルはいらない。身体が求めるままに四肢を動かせば、それがオーダーメイドの体操になる。そのために、身体の声をしっかり聞いてあげる。ゆらゆら、ふにゃふにゃ、心地よく身体を動かすと、頭もすっきり目覚めていく。

思わず鼻歌が
漏れ出ます。

その日、その時間、部屋のいちばん心地のいい場所でコーヒーを飲む。急いでいる朝、朝陽あふれるキッチンで一服。このひとときのしあわせを嚙みしめよう。これが、これから「行ってきます」のドアをごきげんに開けるための秘訣。

自分が自然の一部であることを確かめるように、花とグリーンを愛する。どこか遠くに行かなくても、自然は身近にたくさんある。暮らしの中で毎日感じる植物の息吹に、こんなにも心が動かされること、大人になるまで気がつかなかった。

SNSチェックは
朝昼晩の1日3回。

SNSと上手に付き合うために、チェック回数は1日3回と決めている。今ここに生きる自分の時間を楽しみながら、ちょっと垣間見る別世界が自分を刺激する。こんな時代だからこそ、SNSのありがたみをうまく享受したい。

YOU ARE ENOUGH!

photograph:Akiko Baba / styling:Reiko Ogino
hair & make-up:Takae  Kamikawa(mod’s hair)
model:Rei Kadota / edit & text:Kaoru Adachi